hamatomo corporation

EVENT

5.20[日] 開催

スキマcinema上映会


構想10年!山梨の映像制作集団「空族」が前作『サウダーヂ』から満を持して放つ新アジア映画!
『バンコクナイツ』
2016年/日本・フランス・タイ・ラオス/182分/配給:空族

日時:5/20(日)
17:30〜20:30 (開場は30分前より)
会場:沼津ラクーン6F

【入場料金】
チケット / 一般 1,500円 高・中学生 1,000円 小学生 500円 未就学児無料(スキマcinemaメンバーズは500円OFF!)
*チケットは、伊豆の国市 大富農園の採れたてパクチー付き!

●事前予約の上、当日受付にてチケット代金をお支払いください。
●当日受付もできますが、席数の都合によりご予約の方優先となります。
ご予約はこちらのページから→https://coubic.com/sukima-cinema/211311
●お席は先着順の自由席となっております。
主催:スキマcinema
https://www.sukima-cinema.com/

【introduction】
本作は、前作『サウダーヂ』で、地方都市のリアルを赤裸々に炙り出し話題となった、
映画制作集団「空族」の最新作。
構想10年。舞台を山梨からタイに移し、出会った現地の人々との交流により生まれた物語は
重層的に響きあう182分の映画として完成した。
バンコクからイサーン(タイ東北地方)、そしてラオスへの、
総移動距離4000kmを優に超える撮影にも挑んだ。
いわゆる日本映画という枠を大きく超え、アジア映画とでも呼ぶべきスケールと貫禄が観るものを圧倒する。
まったく未知の風景が郷愁を誘う。
“アジアの中の日本”にとっても他人事でない「楽園の真実」がここにある。

古来、国境紛争に翻弄され続けたイサーン。
物語はその雄大な“イサーンの森”の闇の奥へ、舞台はやがてラオスへと、
かつてインドシナを深く抉ったベトナム戦争の癒えぬ傷を映しはじめる―。